Netflix動画ダウンローダー
Netflix (ネットフリックス) から映画やTV番組、アニメをダウンロードして、オフラインで見放題

リーディングガイド

MyConvertersで最新ムービーをゲット
最新作、名作、お気に入りの映画を一挙に保存。
確認

007の映画を観る順番は?全作品のあらすじと見どころ一覧【2022】

Kaya | 編集長
掲載: 2022.09.15 更新: 2022.09.16

『007』シリーズは、2021年10月1日に新作『007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ』で公開される。誰もが名前を知っている大人気シリーズです。実際、007映画シリーズは1962年にイギリスで最初に公開され、最新映画007 / ノー・タイム・トゥ・ダイは2021年10月1日に日本で25番目の映画として公開されます。世界中で長く愛されているスパイ映画です。 

まだ見ていない方は「最初からやり直そうかな?」と思っている方も多いと思います。 

『007』シリーズ

そこで、本記事では「007」シリーズを観たことがないという方のために、シリーズのおすすめ視聴順をご紹介します。また、全25作品のあらすじや各作品の見どころ、主人公「ジェームズ・ボンド」や出演俳優なども詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。 

今まで興味がなかった方も、この記事を読めば007の魅力がわかるかも!?

映画「007」シリーズとは?

まずは「007」シリーズの基本情報を紹介します。

イアン・フレミングの小説が原作のスパイ映画!

007 フィルム シリーズは、英国の作家イアン フレミングによる 1953 年のジェームズ ボンド スパイ小説シリーズに基づいた英国映画シリーズです。 

イアン・フレミングは、第二次世界大戦中にスパイとしても働いた元兵士です。 1964年の死後、多くの作家が執筆を引き継ぎ、近年では連載や小説が出版されています。

ジェームズ・ボンドについて 

主人公のジェームズ・ボンドは、英国シークレット・サービス所属のスパイ、通称「MI6」。作家のイアン・フレミングによると、ボンドは30代半ばから後半で、老化していません。 

彼は愛、車、お酒が好きで、食通であり、ボンド スタイルで 1 日 60 本のタバコを吸っています。大粒の紅茶が苦手なのも特徴。また、「ボンドスーツ」と呼ばれる英国の古典的なスーツを着用し、愛用の武器「ワルサーPPK」を携行するのが慣例となっている。

「007」はコードネーム 

映画のタイトルに必ず付き、シリーズ名でもある「007」はジェームズ・ボンドのコードネーム。 

ジェームズ・ボンドは任務中に容疑者を殺害する権限を与えられており、その証拠として「殺人許可証」が与えられています。 「007」はメンバーが所属する「00」課の第7エージェントというコードネームの由来。 

「007」は日本では「ゼロゼロセブン」と呼ばれることが多いですが、英語圏では「ダブルオーセブン」と読むのが一般的です!

007の映画を観る順番は? 

続いて、映画「007」シリーズの視聴順を紹介します。実は、007シリーズには特定の視聴順序がありません。そこでおすすめの順番をご紹介したいと思います!

①発売順が最高!あらすじや面白い作品からでもOK 

007の映画シリーズは基本的にエピソードなので、あらすじやキャストを見て、興味のあることから始めても大丈夫です。 

ただし、前作をベースに作った部分もあります。特に2006年の007カジノロワイヤル以降は前作の直接の続編であることが多いので注意。 

上記の理由から、最も推奨される表示順序は「リリース順」​​です。歴史と発展を順番に感じられるので、『007』の世界観を知るにはこれが一番!

②ジェームズ・ボンド俳優と決めるのもおすすめ 

「長くて公開順がわかりにくい…」という方は、ジェームズ・ボンドの俳優を選んでみてはいかがでしょうか。 

1962 年に始まった長寿シリーズ 007 では、6 世代の俳優がジェームズ ボンドの役を演じてきました。ジェームズ・ボンドのテイクは毎回少しずつ変わるので、途中からでも見やすいと思います。 

長年にわたってジェームズ・ボンドを演じてきた俳優の一部を紹介します。

1. 最初のジェームズ・ボンド俳優: ショーン・コネリー (1962-1967/1971) 

最初のジェームズ・ボンド俳優: ショーン・コネリー (1962-1967/1971) 

最初のジェームズ・ボンドは、1930 年にイギリスのスコットランド出身のショーン・コネリーが演じました。 

ジェームズ・ボンドは独特のスコットランド訛りを直さないという条件で受け入れられたため、元のストーリーではボンドがスコットランド出身であるという設定が追加されました。デビュー作『007 Dr.いいえ」(1962年)で世界的に認知され、その後の出演シリーズでも高い評価を得た。 

「007」シリーズ以外にも数多くの作品に出演し、映画「アンタッチャブル」(1987年)ではアカデミー助演男優賞を受賞。 2020年10月、90歳で逝去。

出演作品

  • 『007 ドクター・ノオ』
  • 『007 ロシアより愛をこめて』
  • 『007/ゴールドフィンガー』
  • 『007/サンダーボール作戦』
  • 『007は二度死ぬ』
  • 『007/ダイヤモンドは永遠に』

2 番目のジェームズ ボンド俳優: ジョージ レーゼンビー (1969) 

2 番目のジェームズ ボンド俳優: ジョージ レーゼンビー (1969) 

2 番目のジェームズ ボンドの役割は、1939 年にオーストラリア出身のジョージ レイゼンビーが演じています。史上唯一の非欧州債。元軍人で、除隊後はモデルとして活躍。 

ショーン・コネリーは取締役会を去り、ジョージ・レーゼンビーは何百人もの候補者の中から行動能力を評価されて選ばれました。しかし、ショーン・コネリー版ほどの人気には至らず、1本しか登場しなかった。

出演作品

  • 『女王陛下の007』

3代目ジェームズ・ボンド俳優:ロジャー・ムーア(1973年~1985年) 

3代目ジェームズ・ボンド俳優:ロジャー・ムーア(1973年~1985年) 

3代目ジェームズ・ボンド役は、1927年にイギリス人のロジャー・ムーアが演じました。彼は 1962 年のテレビ シリーズ「セイント ヘブン」で英国のスターとなり、当初は 2 番目のジェームズ ボンドとして提供されていました。 

ロジャー・ムーア演じるボンドは標準的なイギリス英語を話し、エレガントでコミカルなキャラクターで人気がありました。過去最多の7作品に出演。 2017年に亡くなりました。

出演作品

  • 『007/死ぬのは奴らだ』
  • 『007/黄金銃を持つ男』
  • 『007/私を愛したスパイ』
  • 『007/ムーンレイカー』
  • 『007/ユア・アイズ・オンリー』
  • 『007/オクトパシー』
  • 『007/美しき獲物たち』

4代目 ジェームズ・ボンド役: ティモシー・ダルトン (1987-1989) 

4代目 ジェームズ・ボンド役: ティモシー・ダルトン (1987-1989) 

イギリスのウェールズ出身のティモシー・ダルトンは、1946 年に 4 代目のジェームズ・ボンドを演じました。 

「007」シリーズへの出演は、3回のオファーを経て実現しましたが、最終的には2作品のみでした。少しダークなストーリーでクールなボンドを演じたことから、「最も原作に近い」と評される。

出演作品

  • 『007/リビング・デイライツ』
  • 『007/消されたライセンス』

5代目ジェームズ・ボンド俳優: ピアース・ブロスナン (1995-2002) 

5代目ジェームズ・ボンド俳優: ピアース・ブロスナン (1995-2002) 

1953年に5代目ジェームズ・ボンドを演じたのはアイルランド出身のピアース・ブロスナン。 

1980年代に放映された「探偵レミントン・スティール」で主役を演じたことで知られ、ギグが終わった1986年にオファーを受けたが、契約の問題などで紆余曲折があり、1994年までにボンド役が決定した。 

色気とワイルドさとユーモアのバランスがとれたピアース・ブロスナンのボンドは、「理想のボンド」として愛された。

出演作品

  • 『007 ゴールデンアイ』
  • 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』
  • 『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』
  • 『007 ダイ・アナザー・デイ』

6代目ジェームズ・ボンド俳優:ダニエル・クレイグ(2006年~2021年) 

6代目ジェームズ・ボンド俳優:ダニエル・クレイグ(2006年~2021年) 

6代目ジェームズ・ボンド役は、1968年イギリス出身のダニエル・クレイグが演じる。 1992年に映画デビューし、トゥームレイダー(2001年)などのアメリカ映画にも出演。 

ボンド役の選考が発表されたとき、彼は「007」シリーズで最初の金髪のボンドであるなど、ボンドのイメージを変えた彼の外見について批判されました.しかし、公開当時、彼が演じたボンドは原作に近い寡黙なキャラクターであり、その演技が高く評価され、今では大人気のボンドとなっています! 

2021年公開予定の『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンド役を辞任する意向を明らかにした。

『007』シリーズ全25作品のあらすじと見どころ 

映画007シリーズは、制作会社イオン・プロダクションズが制作したジェームズ・ボンド映画シリーズです。 

イオンプロダクション以外の制作会社のほか、『007/カジノ・ロワイヤル』(1967年)、『ネバー・セイ・ネバー』(1983年)、短編映画『ハピネス・アンド・グローリー』の3作品がある。 」 (2012). が存在する。 

今回はイオンプロ制作の『007』シリーズ全25作のあらすじと見どころをお届け!

1.『007 ドクター・ノオ』(1962年)

『007 ドクター・ノオ』(1962年)

あらすじ

ジャマイカ駐在の英国諜報員が殺害され、殺人免許を持つボンド(ショーン・コネリー)が派遣される。記者が探していたのは、宇宙ロケットに干渉する奇妙な電波だった。博士と名乗る中国人医師(ジョセフ・ワイズマン)の謎を追っている。いいえ、ボンドは秘密を発見します...!

みどころ

1962年刊行の記念すべき第1作。当初は「007 is the number to kill」という日本語タイトルでリリースされたが、後に「007 Doctor No」に変更された.美しいカリブ海で繰り広げられるアクションが見どころ。性的で暴力的な要素が多く、価値観は少し古くなっていますが、1962年にしては信じられないほどのクオリティです。後半は少しSF感のある展開。 

32歳のショーン・コネリーのダンディでセクシーなボンド。歴代ボンドガール(ヒロイン)の中で最も美しいと言われるウルスラ・アンドレスにも注目!

3. 『007 ロシアより愛をこめて』(1963年)

『007 ロシアより愛をこめて』(1963年)

あらすじ

タチアナ (ダニエラ・ビアンキ) は、イスタンブールのソ連の諜報機関で働く謎の女性で、ボンド (ショーン・コネリー) に会いたいという手紙が届きます。 「ソ連の暗号解読機と引き換えに」ボンドは、あまりにも歴史のあるイスタンブールへと旅立つ。その裏には世界的犯罪組織スペクターの陰謀があった。

みどころ

「シリーズ最高の面白さ」と評される第2部はスパイスリラー「007」。日本では007/一発協会というタイトルでリリースされ、後に007 ロシアより愛を込めてに変更されました. 

インドアサスペンス、シーチェイス、ヘリコプター撃墜などハイライトのパレード。 SF感を抑えてリアリティ重視で仕上げています。

3. 『007/ゴールドフィンガー』(1964年)

 『007/ゴールドフィンガー』(1964年)

あらすじ

ボンド (ショーン・コネリー) は、イギリスで大量の金の密輸活動を調査する任務を負っており、億万長者のオーリック・ゴールドフィンガー (ゲルト・フレーベ) が「グランドスラム計画」を企んでいることを知りました。 

捜査が進むにつれ、アメリカで金が保管されているフォート・ノックスを放射能汚染する計画が…。

みどころ

シリーズ3。このヒットにより、シリーズの世界的人気は揺るぎないものとなりました。それは代々受け継がれ、ファンの間で名作とされる「007」シリーズの約束されたスタイル確立の原点でもあります。 

内容は前2作よりずさん。サスペンスに満ちた面白いスパイ スリラー。美しいシャーリー・イートンが全身金粉まみれで殺されるシーンなど、名シーンが盛りだくさん!

4. 『007/サンダーボール作戦』(1965年)

『007/サンダーボール作戦』(1965年)

あらすじ

2発の核爆弾を搭載したNATO空軍機が世界的犯罪組織スペクターに盗まれる。英国の諜報機関は 00 時に調査命令、オペレーション サンダーボールを発行します。応答として、ボンド (ショーン コネリー) はジェット機が行方不明になったバハマに向かいます。そこでボンドは、美しい愛人を持つ億万長者のラルゴ (アドルフォ・チェリ) と出会う。

みどころ

シリーズ4作目、1965年公開。 前作から一転、再びシリアス路線へ。インド西部バハマの美しい海を舞台にした、シリーズ初の水中アクションが見どころ。 

もちろん水着美女も多数登場!これは、これまでで最高の興行収入を上げたシリーズであり、最優秀視覚効果賞を受賞しました。

5. 『007は二度死ぬ』(1967年)

『007は二度死ぬ』(1967年)

あらすじ

アメリカの宇宙カプセルが謎の飛行物体に捕まり姿を消した。米ソ関係が危機に瀕する中、MI6は謎の飛行物体の基地が日本にあることを突き止める。 

ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は真相を確かめるために日本に派遣され、特務機関のタイガー・タナカ(丹波哲郎)に協力を求める。しかし、その裏には再びスペクターの陰謀があった。

みどころ

1967年公開のシリーズ第5作目は日本が舞台で日本人必見。アクションは、東京、神戸、姫路城など、日本のさまざまな場所で繰り広げられます。日本人キャストには丹波哲郎と若林栄子がおり、ボンドガールは日本人の浜美恵が演じている。 

追撃が繰り広げられる「ボンドカー」もトヨタ車!洋画にありがちな日本への誤解もありますが、しっかりと日本で撮影された人気の名作です。

6. 『女王陛下の007』(1969年)

『女王陛下の007』(1969年)

あらすじ

スペクターの首謀者ブロフェルド(テリー・サヴァラス)を探す「オペレーション・ベッドラム」を指揮するボンド(ジョージ・レーゼンビー)は、テレサ伯爵夫人(ダイアナ・リグ)の父親からスイス・アルプスに潜伏しており、情報を集めてスイスに向かう。 

ブロフェルドの秘密施設への侵入に成功したボンドは、そこで「オメガウイルス」と呼ばれる計画が実行されていることを知る。殺人バグを世界中に広めることになっています。

みどころ

ジョージ・レーゼンビーが二代目ジェームズ・ボンドを演じた唯一の映画。前作終盤で姿を消したスペクターのリーダー、ブロフェルドを追う物語。従来とは異なり、シンプルかつハイクオリティなアクションを重視したスタイルがポイント。 

今回はスイスが舞台で、スキーでのアクションもあります。ジョージ・レイゼンビー演じるジェームズ・ボンドはセクシーさが足りないと言われますが、内容もアクションもクオリティが高い!

7. 『007/ダイヤモンドは永遠に』(1971年)

『007/ダイヤモンドは永遠に』(1971年)

あらすじ

ボンド (ショーン・コネリー) は、アフリカから密輸された行方不明のダイヤモンドを探して、国際的なダイヤモンド密輸組織に潜入します。その後まもなく、彼はティファニー (ジル・セント・ジョン) という女性に近づき、彼女の背後にプロフェルド (チャールズ・グレイ) が率いる犯罪組織スペクターがいることを知りました。 

スペクター プレーン、ワシントン D.C.ダイヤモンド付きのサテライトで爆破する!

みどころ

初代ボンド役ショーン・コネリー主演のシリーズ7作目。ラスベガスを舞台に華麗に繰り広げられるスパイアクション!エンターテイメント性を重視した作風で寸劇的なシーンが多いため、これまでの作品より評価が低い。しかし、このコミックラインは第3世代のボンドに受け継がれました。 

その後、『スペクター』は2015年の『007 スペクター』まで長期公開され、ショーン・コネリー最後のボンド作品(単独作品を除く)となるため、ファンにはたまらない作品です。

8. 『007/死ぬのは奴らだ』(1973年)

『007/死ぬのは奴らだ』(1973年)

あらすじ

カリブ海の島国セントモニークを調査していたイギリスの諜報員が次々と殺害された。アメリカに飛んだボンド (ロジャー・ムーア) は、サンモニークの大統領であるロジャー博士を調査しています。カナンガ(ヤフェット・コット)、彼にはある隠された顔があることが明らかになる。 

また、ボンドの前に立ちはだかるのは、西インド諸島とアメリカ南部を支配するブードゥー教と、インスピレーションの源と言われる謎の美女ソリティア (ジェーン・シーモア) です。ボンドはカリブ海へ。

みどころ

ロジャー・ムーアが3代目ボンドを演じたシリーズ8作目。これまでのボンド映画よりもジョークが多く、コミカルで軽快な作品です。 

とはいえ、二階建てバスやモーターボートでのチェイスなど、緊迫したシーンも盛りだくさん!ジェーン・シーモア演じるボンドガール・ソリティアも魅力的。ビートルズのポール・マッカートニーが音楽を担当し、主題歌「007 It's They who die」も歌っている。

9. 『007/黄金銃を持つ男』(1974年)

『007/黄金銃を持つ男』(1974年)

あらすじ

007への挑戦として、黄金の弾丸が英国諜報機関に届く。それは“黄金銃を持つ男”と呼ばれる謎の暗殺者スカラマンガ(クリストファー・リー)からのものだった。ボンド(ロジャー・ムーア)はスカラマンガの後を追って香港に行き、スカラマンガの恋人であるアンドレア・アンダース(モード・アダムス)と出会う。

みどころ

シリーズ8作目。ハイライトはクリストファー・リー演じるスカラマンガ。紳士的でチャーミングな悪役。 

東南アジアテイストの雰囲気と迫力のカーチェイスも見どころ。前作で人気を博したシェリフ・ペッパー(クリフトン・ジェームズ)も復帰を喜ぶ。

10. 『007/私を愛したスパイ』(1977年)

『007/私を愛したスパイ』(1977年)

あらすじ

核ミサイルを搭載したイギリスの潜水艦「レンジャー」とソ連の​​潜水艦「ポチョムキン」が突然行方不明になる。ボンド(ロジャー・ムーア)は、ソ連から派遣されたスパイのアーニャ(バーバラ・バッハ)と共に調査を行う。 

ストロンバーグ・シッピングに不信感を抱いた2人は、大型タンカーのレパラスに近づく。やがて彼は、ストロンバーグ (クルト・ユルゲンス) が特定の野心を持っていることを知ります...

みどころ

ロジャー・ムーアをついに覚醒させたと言われるシリーズ第10弾。ロジャー・ムーアボンドの代表作です。シリーズ10作目記念と合わせ、興行収入も歴代最高となった。 

やっぱり路線の方が面白いし、過去作のパロディだらけ。この敵ジョーズも悪役として愛され続けています。

11. 『007/ムーンレイカー』(1979年)

『007/ムーンレイカー』(1979年)

あらすじ

ムーンレイカー スペースシャトルは、米国から英国への飛行中に盗まれました。ボンド (ロジャー・ムーア) は調査を開始し、カリフォルニアに向かい、シャトルを製造した科学者のヒューゴ・ドラックス (マイケル・ロンズデール) を訪ねます。 

彼の研究で見つけた手がかりをもとに調査を進めていくと、彼が謎の研究所で人体ガスの研究開発を行っていることがわかりました...

みどころ

おそらく大成功を収めたスターウォーズのおかげで、強いSF風味を持つ11番目の映画は、ボンドがついに宇宙に行くことです.その作風に戸惑う方も多いと思いますが、迫力の格闘シーンが繰り広げられるエンタテインメント作品です。 

カリフォルニア、ベニス、リオ、アマゾン、宇宙と次々と切り替わるステージのテンポも魅力。

12. 『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981年)

『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981年)

あらすじ

調査活動を行っていた英国の偵察船「セント・ジョージ」が、地中海のアルバニア沖で何者かが敷設した機雷により沈没した。この船には「ATAC」と呼ばれる、イギリスのミサイルを自由に操作・誘導できる装置が搭載されていました。 

謎の美女メリナ(キャロル・ブーケ)は、調査中のボンド(ロジャー・ムーア)と対峙する。

みどころ

12 シーズンのハイライトは、圧巻のスタントです。再びSFルートをやめ、アクション&スタントセンターへ。 

空中スタントからカーチェイス、銃撃戦、スキーアクション、ロッククライミングまで、多彩なアクションシーンが満載。ロジャー・ムーアのボンドはユーモラスですが、これはいつもよりシリアスです。

13. 『007/オクトパシー』(1983年)

『007/オクトパシー』(1983年)

あらすじ

「009」はロシアの秘宝「ファベルジェの卵」を奪おうとして殺された。ファベルジェの卵の謎を調査する任務を負ったボンド (ロジャー・ムーア) は、億万長者のカマル・カーン (ルイス・ジョルダン) に不審を感じ、カマルを追うためにインドに向かう。 

ボンドは謎の女性オクトパシー(モード・アダムス)と出会い、カマルの計画を知る。

みどころ

13列目。好評だった前作に続き、よりコミカルなテイストに戻りながらアクションも盛りだくさん。電車上でのバトルなど、目が離せないシーンが盛りだくさん。 

 同年、ショーン・コネリー・ボンド主演のノンシリーズのスピンオフ映画『ネバー・セイ・ネバー・アゲイン』が公開され、ショーン・コネリー・ボンド対ロジャー・ムーア・ボンドの戦いとしても注目を集めた。

14. 『007/美しき獲物たち』(1985年)

『007/美しき獲物たち』(1985年)

あらすじ

ボンド(ロジャー・ムーア)は、ソ連の雪山で殺された仲間003の遺体からICチップを回収する。ソ連軍に追われながらも、なんとかイギリスに戻る。 

引き揚げられたICチップは、核爆発に耐えることができるチップであり、英国が秘密裏に開発した高性能軍事防衛システムのマイクロチップと一致します。ソ連に流出していた。ボンドは、メーカーのゾーリン工業に潜入するよう命じられました。

みどころ

ロジャー・ムーアが最後にボンドを演じたシリーズの14作目。ロジャー・ムーアは撮影当時57歳で、2021年時点でボンドを演じた最年長の俳優となった。 

前作、前作の続編として、アクションとユーモアを融合させた作風となっている。ゴールデン ゲート ブリッジの手すりをめぐる戦いなど、エキサイティングなアクション満載。ブレインバトルも見所です。また、ヴィランたちのミステリアスな演技も素晴らしく、グレース・ジョーンズ演じるゾリンの部下メイデイが特に印象的でした。

15. 『007/リビング・デイライツ』(1987年)

『007/リビング・デイライツ』(1987年)

あらすじ

ボンド (ティモシー・ダルトン) は、ソ連と KGB の重要人物であるコスコフ将軍 (ジェローン・クラッベ) の亡命を支援しました。しかし、亡命に成功した将軍は何者かに誘拐されてしまう。 

MI6 長官 M (ロバート ブラウン) は新しいプーシキン将軍の暗殺を命じるが、ボンドはプーシキン将軍が首謀者であるとは信じられない。事件の裏には、武器商人ウィテカー(ジョー・ドン・ベイカー)の存在が…!

みどころ

シリーズ15作目でティモシー・ダルトンが4代目ボンドを演じる。シリーズ25周年を記念して多額の予算で制作され、ヒット作となった。 

ダルトンの絆は固く、今後の深刻な実質的な発展がたくさんあります.ユーモアのあるボンドが好きな人が多いが、ストーリーはもっとシリアスだ。高性能ボンドカー「アストンマーチン」が久しぶりに復活するのも見どころ!

16. 『007/消されたライセンス』(1989年)

『007/消されたライセンス』(1989年)

あらすじ

ボンド (ティモシー・ダルトン) と彼の親友である CIA ライター (デヴィッド・ヘディソン) は、結婚式に向かう途中の麻薬王サンチェス (ロバート・デイヴィ) を逮捕します。しかし、サンチェスは逃げ出し、ライダーに重傷を負わせ、妻を殺しました。 

ボンドは復讐と忠誠の間で揺れ動くが、結局、MI6 の長官である M (ロバート・ブラウン) によって彼の殺しの免許は取り消されてしまう。

みどころ

ティモシー・ダルトンがボンドを演じた2作目で、シリーズ15作目。シリーズの中でも異彩を放つこの作品は、暴力シーンが多いことから初めてPG-13レーティングを獲得した。厳粛な雰囲気とは裏腹に、最後のカーチェイスは見ごたえ十分。 

本作を最後に多くの俳優やスタッフがシリーズから離れ、米ソ冷戦を描く最後の作品でもあり、シリーズの重要なターニングポイントとなった。

17. 『007 ゴールデンアイ』(1995年)

『007 ゴールデンアイ』(1995年)

あらすじ

ボンド (ピアース・ブロスナン) は、盗まれたゴールデンアイ銃を追跡するためにロシアに旅行します。その背後には、世界経済の破壊を目論む国際犯罪組織「ヤヌス」の存在があった。 

さらに立ちはだかるのは、9年前にボンドと共に遂行した任務の途中で死亡したはずの006ことアレック(ショーン・ビーン)だった…。

みどころ

ピアース・ブロスナンがボンド役で初登場するシリーズ第17作。 「007」シリーズの基本構造はそのままに、古き良きものを現代的に蘇らせた洗練された作品です。 

プエルトリコ、スイス、モナコ、リビエラ、サンクトペテルブルクなど世界中を飛び回り、エキゾチックな雰囲気の中で繰り広げられます。お約束のカーチェイスみたいなアクションも健在。 

この作品からジュディ・デンチがMI6の局長であるM役を演じ、シリーズ唯一の女性Mが誕生した。 「よく死ぬ俳優」として知られるショーン・ビーンの訃報も見どころ。

18. 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997年)

『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997年)

あらすじ

激動の情勢に巻き込まれる中国とイギリスの裏で、世界の情報を操るメディア王カーバー(ジョナサン・プライス)の存在が浮かび上がる。彼は第三次世界大戦を始めようとした。 

ボンド (ピアース・ブロスナン) はカーバーに忍び寄り、そこで出会った中国人女性スパイウェイ・リン (ミシェル・ヨー) の捜査を開始する。

みどころ

フィフス ジェネレーション ボンドは、ピアース ブロスナン監督の 2 番目の映画であり、シリーズの 18 番目の映画です。前作「ヤヌス」に続いて登場した悪役は、メディア王カーバー。 

ヒロインはアクション女優のミシェル・ヨーなので、アクションの方が楽しいです。この時点で、ボンドガールはもはや装飾品ではありません.ハイテクマシンによるアクションもかっこいい!

19. 『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999年)

『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999年)

あらすじ

MI6を訪れていた英国の石油王サー・ロバート・キング(デビッド・カルダー)は、爆発でその場で殺されました。ボンド(ピアース・ブロスナン)は犯人らしき女性を追うが、激しいボートチェイスの後、女性は自爆し、「彼を追い越すことはできない」という言葉を残した。 

ボンドは国王の娘エレクトラ(ソフィー・マルソー)を守るため、カスピ海に飛び立つ。そこでボンドは、テロ組織がロシアの核基地から核弾頭を盗む恐ろしい計画を持っていることを知ります!

みどころ

1999年に発売されたシリーズの19作目。史上最高の興行収入を記録した。ピアース・ブロスナンは、ピアース・ブロスナンがボンドを務めた作品の中で初めてのシリアスなセリフで、タフな作風です。 

映画「フル・モンティ」や「トレインスポッティング」で知られるロバート・カーライルが登場したことも注目に値する。初代Qのデズモンド・ルウェリンの遺作としても知られる。

20. 『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002年)

『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002年)

あらすじ

北朝鮮への潜入に成功した後、ボンド (ピアース ブロスナン) は敵にさらされ、捕らえられます。 14 か月の拷問と投獄の後、反逆者として汚名を着せられながら釈放されたボンドは、00 番号を剥奪されました。 

ボンドは真実を突き止めるためにキューバに行き、その背後にある不吉な陰謀を明らかにします。ボンドの前に謎の女性ジンクス(ハル・ベリー)が現れる。

みどころ

シリーズ20作とシリーズ40周年を記念したダブルジュビリー作品。前作の『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』を超えるヒットとなった。 

シリーズ屈指のクールなカーチェイスと随所に散りばめられた過去作へのオマージュが見どころ。初の黒人ボンド ガールであるハル ベリーは、2001 年に映画『チョコレート』でアカデミー主演女優賞を受賞しました。

21. 『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)

あらすじ

「00」殺人許可証を発行されたボンド(ダニエル・クレイグ)は、世界中のテロ資金を管理するル・シッフル(マッツ・ミケルセン)の存在を知る。 

ル シッフルがハイ ステークス ポーカーで金儲けするのを阻止するため、ボンドは 1,500 万ドルの連邦予算と女性監視官のヴェスパー リンド (エヴァ グリーン) を使用します。 

モンテネグロのカジノロワイヤルをご覧ください。

みどころ

2006 年に公開されたシリーズの 21 番目の映画は、ダニエル クレイグがボンドとしてデビューしたことを示しています。イアン・フレミングのジェームズ・ボンド小説シリーズをもとに、ボンドが007になる前に初めて描かれた作品。 

設定は時代のために完全に新しいです。ボンドは 1968 年に誕生する予定であり、冷戦中にスパイとして行動しなかった最初のボンドとなった。前作から引き続き登場するジュディ・デンチ演じるMのキャラクターも変更。 

ハードで型破りなボンドがかっこいい!この映画は大成功を収め、興行記録を打ち立てました。

22. 『007 慰めの報酬』(2008年)

『007 慰めの報酬』(2008年)

あらすじ

ボンド (ダニエル・クレイグ) は初恋の相手、ヴェスパー (エヴァ・グリーン) を失い、その背後にある組織について知る。彼は調査のためにハイチに飛び、美しいカミーユ (オルガ・キュリレンコ) を通じて、ドミニク・グリーン (マチュー・アマルリック) という名前のフランス人ビジネスマンを見つけます。 

グリーンは裏で恐ろしい計画を立てていた。

みどころ

シリーズ22作目で、ダニエル・クレイグが2度目のボンドを演じる。前作007カジノロワイヤルの直接の続編です。ダークトーンで描かれるリアルな世界観に、スパイ映画らしいアクションシーンも盛りだくさん。ただ、前作よりは少しやりやすくなったという意見が多かったです。 

ボンドガールは、『ブラック・ウィドウ』でアントニア・ドラコフ/タスクマスターを演じたオルガ・キュリレンコ。

23. 『007 スカイフォール』(2012年)

『007 スカイフォール』(2012年)

あらすじ

イスタンブールで、ボンド (ダニエル・クレイグ) は、NATO の秘密工作員に関する情報を含むハード ドライブを盗んだ敵を追跡しています。新人エージェントのイヴが放った弾丸は、最後の一歩を踏み外しただけでなく、ボンドに命中して消えてしまう。 

ボンドの死が確認されると、MI6 の責任者である M (ジュディ デンチ) はコンピューターをハッキングし、MI6 本部を爆破しました。

みどころ

2012年に発売されたシリーズ23作目。シリーズ50周年記念作品であり、シリーズ初のIMAXシアターでの上映。 MI6の長官であるMが本物のボンドガールになるのはシリーズ初であり、ジュディ・デンチがMを演じた最後の作品です。 

美しいグラフィック、巧妙なアクション、魅力的なヴィランなど見どころ満載。過去作へのリスペクトもある。 

イギリスのシンガーソングライター、アデルが歌ったタイトル曲「スカイフォール」は、オスカー最優秀オリジナル曲賞を受賞した。

24. 『007 スペクター』(2015年)

あらすじ

ボンド(ダニエル・クレイグ)は、メキシコでの休暇中にスキャンダルを起こし、クビになった。単身ローマへ旅立った彼は、悪の組織スペクターの存在を知る。 

一方、ロンドンでは、MI5 の新しい長官である C (アンドリュー・スコット) が、MI6 と 00 部門は時代遅れであると指摘しました。

みどころ

シリーズ24作目として、久しぶりに犯罪組織「スペクター」の存在が明らかになる。前作007スカイフォールの直接の続編でもあります。 

Mの役はレイフ・ファインズが務め、人気キャラクターのQ(ベン・ウィショー)の成功はいい感じです。パリの美しいグラフィック、スマートな武器、急速な展開とペースの速いアクション、楽しくて見やすいです!

25. 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)

あらすじ

引退したボンド (ダニエル・クレイグ) は、ジャマイカで静かな生活を送っています。 

しかし、旧友で CIA エージェントのライター (ジェフリー・ライト) が彼を訪ね、誘拐された科学者ワルド・オブリュチェフ (デヴィッド・デンシック) を助けてほしいと頼む。引き受けたのはボンドだったが、その任務は想像以上に厳しかった…。

みどころ

シリーズ25作目、2021年10月1日日本公開予定。前作『007 スペクター』から5年後の世界。監督は日系アメリカ人のキャリー・フクナガで、シリーズ初監督となる。 

悪役を演じるのは、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)でアカデミー主演男優賞を受賞したラミ・マレック。ダニエル・クレイグ最後のボンド作品に期待が高まる!

まとめ&「007」シリーズを見るには?

「007」シリーズの視聴順を紹介しました。おすすめは公開順ですが、気になる作品やボンド役を選んでみるのもいいですね! 
 
 愛されながら第25弾を放つばかりの「007」!映画館の大画面でぜひ新作を楽しみたいです。 10月の発売を前に、過去作を振り返ろう! 
 
 魅惑の『007』の世界にどっぷり浸かってください!

「007」シリーズを視聴できるサービス

これらの動画サービスから「007」シリーズをダウンロードして視聴するには、MyConvertersがオススメです。